引越見積もりで相場を確認しておく

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s.jpg

引越し費用の料金相場を比較できるサイトを利用すると、何人家族でどれくらいのコストであるのがある程度の金額を算出することが可能になります。

ただこのようなサイトで出している金額は、標準的な家族の人数と家具類の量をある程度決めている場合です。この量は家庭によって外に変わってくる可能性があるので、引越し見積もりサイトで算出される数字は、他の引越し業者と比較するための数字とみるべきです。

良さそうな業者が分かってきたら、実際に見積もり担当者を呼んで家の中にあるものをチェックしてもらいます。その段階で正確な見積もりの数字を確認することができるのですが、予想外に高い金額になる場合もあります。

そのような時は、不要かもしれないものを外してもらいます。家具類や家電製品を確認して、老朽化しているものを引越しの前日までに処分しておくという考え方の引越しの見積書を作ってもらいます。

条件を出して作った見積書が安いと感じる場合には、不要なものを処分した段取りで引越しを行います。新居では少しばかり不便になる可能性もありますが、量が減っているということは新しく買っても良いという状況なので、ショッピングを楽しみながら家の中のものを増やしていきます。

マンションの引越し料金の相場は?

タグ

2017年7月12日

dunesu (15:34)

カテゴリ:引越しの日記

ネットでできることはすべてネットで!

最近はなんでもネットで完結できる時代です。引っ越しに関係するいろんな手続きもネットで済ますとラクだな~と思いました。ガス・電気・水道の手続きを今までは引っ越し前後に電話をかけて済ませていたのですがネットでできると知ってからすべてネットで済ませています。
621508867a206020619f4c6647219927_s.jpg
ネットだと深夜に手続きできるのでいいですよ。電話だと平日の昼間決まった時間内に連絡しなくてはいけないけど、ネットだと営業時間外でも手続きを進められるので便利です。引っ越しに伴うこういう事務手続きが大嫌いだったけれど、ネットでできることが分り、少し引っ越しに対する苦手意識がなくなりました。

こういうことひとつとっても面倒くさい作業が減るのはありがたい。時間があるときに手続きができるのは毎日時間に追われている主婦にとってうれしいことです。何事も時間を問わずできるのは本当に便利!そして、できることはネットで前もって済ませられるともっといいですよね。

後手後手に回ると気持ちが焦るし、それだけストレスが溜まってしまいます。それでなくても引っ越しは疲れる作業ですしストレスが溜まりがちなので、前もって済ませられることはどんどん済ませた方がいいとこれまでの引っ越し経験から思いました。

タグ

dunesu (15:33)

カテゴリ:引越しの日記

引っ越し業者選びはこうしてます

知り合いに引っ越し業者で働いている人が居て少しお得になったとしても、それでも引っ越しをするときは複数の引っ越し業者から見積もりを出してもらう方が良いですね。優待料金が目の前をちらついたとしてもそこは一旦冷静になって。引っ越しまで時間がないとしてもそれでも他の引っ越し業者にも見積もりをお願いしましょうね。慌てても良いことありません。
a0002_001223.jpg
気になる引っ越し業者ってありますよね。私の場合は集合住宅に住んでいるので近所で引っ越しトラックが止っていると観察しています。引っ越し業者のトラックの止め方も見ていますよ。どこにどんな風にトラックを止めているか。それから、ちょっと失礼かもしれませんが荷物をどんな風にトラックに乗せているかトラックの中の荷物も確認させてもらっています。じーっと見ているわけではないですからご安心を。

ただ、引っ越しトラック中の様子ってその業者のすべてが出ていると思うんですね~。お客さんの前では体裁を整えていてもトラックの中は意外と雑だったり・・・。トラックの中の荷物の状態詰め方を見ておくと良い引っ越し業者の見当がつきます。私はこうやって引っ越し業者を選んできましたが失敗したことはないですよ~。

一人暮らし 引っ越し 都内の場合の料金の相場は?

タグ

2017年5月17日

dunesu (15:51)

カテゴリ:引越の段取り

深く考えず引っ越しの機会に処分

不用品の仕分けをいつまでも続けていると引っ越し作業が進まなくなりますよね・・・。だけど不要品って家の中にたくさんあるからやらないわけにはいきません。我が家には使っていないのに大事に保管してあるモノがたくさんあります。主に衣類と家電なんですが、使っていないのに着ていないのに大事に保管して何になるんだろう?といつも疑問に感じています。
a2edf74ba656fb9322888ff6ba770bf5_s.jpg
それなのにいざ捨てるとなると惜しくなるんですね・・・。貧乏性だからどうしても捨てることができない。特に衣類はまだまだ着られるものなのに捨てるなんて考えられません。昔流行したデザインの服は個性が強くもう着られないのに、値段が高かったからという理由で捨てることができず溜まっていく一方・・・。

家電も使っていない空気清浄機や掃除機がいくつも。加湿器のような小さなモノなら誰かに譲ることはできるけど掃除機や空気清浄機のような比較的大きなモノは譲るのだって大変。だからいつまでもクローゼットにしまわれっぱなし。これじゃモノがあふれて生活しにくくなるばかりです。

引っ越しはこういう不要品を一気に片付けられる良い機会。いつまでも考えていると作業が進まないので深く考えずに捨てるのがコツです。

タグ

dunesu (15:44)

カテゴリ:引越の段取り

引越しの際には見積担当者に見てもらう

9cb952a6d53ca773c529c0aae6459d38_s.jpg

引越しをするときには、住宅がある場所によっては、大きなトラックが横付けできない可能性があります。

長距離を移動する為に1つの大型トラックに全ての道具を入れる段取りで現場に入ると、トラックが家の横まで移動できないので、小さなトラックで積み替えしたりする作業が必要になる可能性があるのです。

このあたりのミスを無くすためにも、引越し作業をする前の段階で専門の業者の見積担当者を呼ぶことが重要です。電話だけで見積の相談をすると、後で追加の料金が請求される自体になったり、トラックが家の前に横付けできないような自体になります。

スムーズに引越しをするためにも、依頼する引越し業者の見積担当者が自宅に来て様々な部分を確認してもらう必要があります。

特に、2階以上の建物に住んでいる場合には、階段から家具類などが問題無く移動できるかどうか担当者に見てもらうことが重要になります。らせん階段のような建物がある場合は、家具類が上手く移動できない可能性があります。

ビルなどによっては、入り口のエレベーターを使うのではなく、裏口の非常口から家具類を出さなければいけない状況もあります。そのあたりの移動ルートなどの確認も必要となってくるのです。

引越し料金を節約するには→引越し 混載便 料金

タグ

2017年2月 2日

dunesu (14:00)

カテゴリ:引越の段取り

引越しは特技といっても過言ではない

日常生活においてはあまり披露する機会がない特技ですが、私は引越しは得意です。実家に住んでいた時に家族と一緒に2回、実家を出た後に自分手動で3回と合計5回の引越し経験があるだけではなく、大学時代は1ヶ月半の短期バイトではありますが、3年連続引越しシーズンにはバイトをしていたのでプロとまではいかないけど1日2件、多い日には3件ほどの現場を回ったし短期でも集中して入ったから1ヶ月半で30日くらいは勤務している筈です。つまり1年でも50件以上の経験が積めるし3年なら200件近い引越し経験者という訳ですよ。
タンス.jpg
だから特技は荷造りで、ダンボールに荷物を詰めるのはお手のモノですし、荷物の量や大きさに合わせてダンボールをカットするのもサクサクできます。特に自分の引越しの荷物なら確認したり、気をつかう必要がないので非常にスムーズに出来て半日程で荷造り完了!といった手腕だったりします。残念ながらほとんど人に見せることもアピールする機会もない特技ではありますが、家族の引越しなどの際にはお手伝いに行っています。

流石に社会人になってからは短期バイトはできないし、時間があっても体力的にも厳しいので今はちょっと無理かなといった感じですね。

タグ

dunesu (13:59)

カテゴリ:引越の段取り

引っ越しして一週間、未だ洗濯機が来ません

7395e6204aa3f1cd7374ab2806aa5c57_s.jpg

荷物は片付いたのですが、肝心の洗濯機が一向に届く気配がありません。
洗濯機は買い替えたので、家電量販店から届く予定なのですが、スケジュールの都合とかで先延ばしにされています。
ちょっと予想外......というか、洗濯ができないので洗濯物が貯まる一方!
とはいえ、困った困った言っていても仕方ないので、自力で洗うことにしました。
平成のこの時代に洗濯機なしの生活をすることになるとは思いませんでしたが、やるしかありません。
ごしごしぐりぐりと、タオルや下着類をこすり合わせて汚れを落としていきます......落ちているかはわかりませんが。
そして、脱水も自力で、ぐっと絞るしかありません。自力で絞っても、脱水機能使ったように水切りできるわけでもなく、べちゃべちゃな洗濯物をハンガーに吊るしていきます。
水切りがしっかりできなかったためか、一日経っても乾いていません。これは、明日になるとかび臭くなっているパターンじゃないでしょうか。
思った以上に自力での洗濯は無理と悟りました。とりあえず、洗濯機が届く来週までは、コインランドリーにいってどうにかしのいだ方が良さそうです。昭和の時代、三種の神器とうたわれた理由が今日、ようやくわかった気がします。

引越し 大阪市内 料金の相場を調べておこう!

タグ

2017年1月10日

dunesu (12:36)

カテゴリ:引越の段取り

引越し業者が現場に入るときのスタッフの人数

84962708e1a5dfb796422aaa21f60874_s.jpg

引越し業者に作業を依頼する時に、どれくらいの相場であるかある程度確認しておくことが最重要となります。大手の引越し業者が計算する方法の1つがトラックのサイズとスタッフの人数です。

例えば、2トントラック(ショートタイプ)を利用した場合には2万5千円程度の料金からスタートとなります。これは、引越し先が10キロ圏内など非常に近い場合であり、これよりも遠い場合にはその距離に応じて料金が高くなってきます。

そして、現場に入る人数も影響染ます。最低の人数は二人となりますが、二人で作業すると相当に時間がかかるので、基本的には二人で荷物を持つ作業がニセットできる四人で作業にあたる場合が多くなります。

四人だと作業のスピードが格段に速くなり、引越し作業が全て完了するまでの時間を早く見積もることが可能となります。引越し業者は、依頼を早く追わせることが重要であり、時間を大きく開けることでもう一つの引越しの依頼を受けることが可能になります。

このあたりを考慮していくと、トラックのサイズと現場に入るスタッフの人数を想定して見積もりの金額を出していることが分かります。このあたりが分かってくると、引越しの依頼をするときにどのように安く依頼できるのかある程度分かってきます。

タグ

dunesu (12:35)

カテゴリ:引越の段取り

引越し前にデータをバックアップする

引越しをする前の段階でやっておくべき事の一つに、自宅で使ってるパソコンなどのデータのバックアップがあります。基本的には引越の作業でパソコンが破損する可能性は低いのですが、実際のところハードデスクのデータなどに破損が出てしまうと、読み込み負荷の状態になります。


トラックで小刻みの振動を与え続けると、これまで正常に利用できていたハードディスクが破損する可能性は少なからずあります。そのあたりを考慮してデータをバックアップしておく作業を試みるのです。
キーボード2.jpg
そして、引越し業者に依頼するときにはこのような破損しやすいものは依頼しない考え方が有効です。実際に、引越し業者がパソコンを移動した際に落下などがあり中のデータが壊れたときには、それを証明する事ができないのです。

そして、更に問題なのは中のデータの重要度がどれくらいであるのが、自分以外の人は分からず弁償になった場合でも、割に合う金額が提示される可能性は低いのです。

つまり、破損しやすいものを依頼した方が悪いという考え方になってしまうので、ノートパソコンやタブレットなど、中のデータが心配なものに関しては事前にバックアップをすることも大事ですが、業者に依頼せず自分で移動する考え方が有効です。

タグ

2016年12月12日

dunesu (10:23)

カテゴリ:引越しの日記

引っ越し、検討。新たな選択肢。

79939916c9dbaf8fc1f9a432b3fcb0a2_s.jpg

引っ越しのイメージを、現在は膨らませています。今までの固定観念を、じっくり洗い直しているんです。要するに堅い思い込みを取り払い、柔軟に生きて生きたいと思うように変わってきた、この自分の成長のおかげと言えます。
先ずはじめに書いておきたいことは、家に篭らず情報収集し、今までに会った事がない人々と、積極的に接点を築いていく姿勢を心がけアクションしています。
"動かなければ出会えない。"どこの有名人だったか、何の本に書いてあったフレーズなのか、思い出せないままで、ごめんなさい。私の再始動については、このような名言が影響しています。
確かに昨日も、ファミレスで素敵な見たことが無い女性と出会えたり、スーパーでは、小柄なのに元気いっぱい活躍している若い女性も見かけることが出来たのです。このような体験を通して、あの近くもいいな、こちらの土地も魅力的に見えてくるな・・。なんていう風に、それぞれの土地の魅力をイメージアップさせるものの一つとして、<働く人々>が大きなカギを握るかのようにも思えてきたのは、昨日だけの話しでは有りません。けっこう、私も真剣に観察力を向上させています。なるべくボケ~っと生きることが無いよう、意識的に様々なアンテナを、感度を高めるべき!って注意しつつ、街中を歩いたりしているんです。
序盤から書きたかったことは、昨日歩いた田舎のウォーキング体験と、その土地の魅力について触れたかったんですけれど、腰を据えて書くのは、改めることにします。今の心境として、<都会だけが引っ越しこうほではない!>と言う思考をメモしておきたかったために、様々な自分の言葉で書き残してみました。チグハグな雰囲気の日記になってしまいましたが、書ききれなかったことと、まとめ切れなかったポイントが、言い訳となってしまいます。
岩手などの山奥の好きだけれど、首都圏に近い熱海なども、引っ越しの候補の一つとして変化が無いことは、これもまた記録しておくべきと思っております。

タグ

dunesu (10:18)

カテゴリ:引越しの日記

このページの先頭へ

Dr.HOUSE